書類は英語で書くことが多い

なぜ英語で書くのかを理解しよう

外資系企業に応募するときの履歴書などの書類は英語で書くことがほとんどです。特に指定がない場合には英語で書くのが当然と考えられていることが多く、日本語で書いたものを提出すると選考すらしてくれないこともあります。日本企業でも日本語以外で書類を提出したら受け付けてもらえないのが一般的です。基本的にはその企業での共通語を使用して書類を作成することが求められるというのを一般論としてまず理解しておきましょう。理由はとても簡単で、選考をする人が正しく理解できる言語で書かれた書類でなければ評価することができないからです。

外資系企業では現場で働いているのが日本人だけということはあまりありません。海外の人も一緒に働いている場合が多く、日常的なコミュニケーションには共通語である英語が用いられているのが普通です。英語しかわからない人が人事担当者になることもあれば、さらにその上層部で決済権を持つ人になることもあります。人材採用は海外にある本社決済などとなっている場合もないわけではありません。そのため、たとえ勤務先には日本人しかいなかったとしても、英語で書類を提出してもらって上層部も理解できるようにしなければならないのです。

英語で書くときのポイント

英語で履歴書などの応募書類を書くときには押さえておきたいポイントがあります。外資系企業では手書きの書類が一般的ではなくなっているので、基本的にはタイピングして提出しましょう。そのくらいの書類作成ができる最低限のスキルがあることを理解してもらう上でも役に立ちます。また、英語の書類は日本語とは書式がかなり違い、履歴書については通常はフォーマットが定められていません。一般的な英語圏における履歴書の書き方を参考にして、必要な項目を適切な順序で書いていきましょう。

自己PRをするのは英語の書類でも重要なポイントですが、書き方には注意しなければなりません。押さえる必要があるポイントは二つです。一つ目は結論を最初に書き、理由や具体例を次に添えるという流れで書くことです。世界的には常識化されている議論の展開方法なので、当たり前というくらいになっておくと転職してからも困ることがありません。二つ目は短い文章で端的に伝えたいことを表現することです。冗長な文章は日本語でも嫌われますが、英語は分量的にも日本語より多くなりやすいので冗長な文章が目立ってしまいがちです。要点をまとめて、それ以上は面接で説明すると考えましょう。