外資系転職で必要なポイント

書類は一般的には英文で整える

外資系企業からの求人に応募するときにも必要書類を整えて提出することから始めるのが一般的です。応募の際にまず重要なポイントは英文で用意しなければならない場合がほとんどなので、英語圏における書類の整え方を知る必要があるということです。応募書類としては履歴書と職務経歴書または履歴書のみという点で同じです。特に履歴書を書けるかどうかが大きな問題になるので注意しましょう。日本語の場合にはJIS規格の履歴書フォーマットがよく用いられていますが、英文履歴書にはこのようなフォーマットが存在していません。英文履歴書など書いたことがないという人は特に気をつけなければならないポイントでしょう。

英文履歴書はA4やレターの用紙に必要事項を書いていくフリーフォーマットになっています。応募先によっては指定のフォーマットへの記入を求められることもありますが、通常はフリーフォーマットで氏名などの基本情報や学歴、スキルなどを記入して書類を整えることになるでしょう。アピールすべきポイントを見やすいように体裁を整えることができるのはメリットです。しかし、ただ情報を羅列しただけでは魅力を感じられず、書類選考を通過できなくなりがちなので気をつけましょう。

日本語で良い場合にも内容に注意

外資系企業では必ずしも英文履歴書を要求しているわけではなく、日本語の履歴書や職務経歴書でも構わないとしているところもあります。外資系企業の日本法人で、海外支社と独立した形で運営されている場合によくあるパターンです。日本人や日本語のわかる外国人が採用担当者として書類を見てくれる仕組みになっています。この場合には体裁としては日本企業に応募するときと同じで構いませんが、内容については注意しなければなりません。日本企業に応募するときよりもアピールの論理性や明確さが求められる傾向が強いからです。 基本的に応募書類で自己PRがきちんとできていなかったら通過することはありません。外資系企業ではプレゼンテーション力が高く評価されるのが一般的だからです。書類を書く場合でも、いかにして自分の取り柄をわかりやすく心に響くように伝えるか、自分が入社したらどんな変化をもたらすことができるのかを魅力的にアピールすることをよく考えて書かれているものが高く評価されます。ただ欄を埋めただけではキャリア的に魅力があっても人材の総合評価は低くなってしまい、面接にまで進めなくなってしまう可能性が高いということは留意しておく必要があります。