外資系転職はスタート地点

一から始める気持ちになろう

日本企業から外資系企業に転職するときに重要なのはここがスタート地点だと認識することです。日本国内の企業と海外の企業では風土がかなり違い、ビジネスマナーですら今まで通りのものでは通用しないのが普通です。コミュニケーションのあり方やビジネスマインドの持ち方など、あらゆる面で違いがあります。今までのキャリアや経験を評価してもらうことも、資格の有無などを考慮してもらうこともできますが、基本的にはここから自分のキャリアが始まるという心構えを持ちましょう。 特に重要なのは社会人として働いて築き上げてきた常識にとらわれないことです。例えば、日本では名刺交換が社交辞令となっていて、相手の名刺は丁重に扱わなければならないものでしょう。しかし、海外ではあくまで自分の紹介をするためのツールの一つでしかなく、最低限の礼儀を持って扱うことができれば十分なものです。また、年齢を問わずに同僚とフラットな関係を作れる現場がほとんどであり、職場における人間関係のあり方の常識もあまり通用しません。外資系企業に転職したら新しい文化を全て受け入れて順応していくという気持ちを持つようにして、新社会人としてスタートするのが良いでしょう。

キャリアプランを考えよう

外資系企業に転職をするときにはキャリアもスタート地点に立つという認識が必要です。これからどのようなキャリアを築いていくのかを考え、キャリアプランを立てておくようにしましょう。転職先の外資系企業で一生働き続ける必要はありません。外資系では数回の転職をするのは一般的なことなので、その次にどの職場で働くかも考えておくのが大切です。いつどのようなタイミングで転職するのかも具体的に考えて計画を作り上げておくのが最も良い方法です。それによっていつまでにどんな経験を積まなければならないかがはっきりとするので、職場でのキャリアや実績作りに意欲的になることができます。

転職の時期や条件、転職先の候補なども具体的にしてキャリアプランを考えておくと、必要があったときにすぐにアクションを起こすことができます。だらだらと同じ職場で働き続けてしまい、キャリアも経験も積むことができないまま年齢だけ重ねていってしまう人も少なくはありません。魅力的な将来を勝ち取れるようにするには、速やかに見極めをつけてアクションを起こすのが重要です。きちんと明確なキャリアプランを立てて、思い立ったらすぐに転職できるように用意をしておきましょう。